tshのblog

tshのblog

DISK増設 1. 計画編

忘れて頃に起こって、放置しておくと困るのがDISK FULLです。

焦らずに、まず、どうすればよいのか検討してみました。

 

 

DISKの容量不足が深刻に

作業用兼ファイルサーバーとして使っているマシンのDISK容量が足りなくなってきました。

数年間分のTS録画ファイルがそのまま保管されていたので、mp4にエンコードして容量確保を試みたところ、ほぼ満タン近く使われていたのDISK容量が約85%程度まで回復しました。

f:id:t_sh:20200614031745p:plain

DISK容量

550GBほど空いたものの、これくらいの容量だと Windows10のbootメディアとして使用している512GBのSSDフルバックアップ1回分しか空いていませんね。これではなんとも心許ないところです。。。

 

というわけで、HDDの追加を計画しようと思います。

 

計画編

要求・要件定義

まぁ、なんとも大げさな見出しをつけてしまいましたが(^_^; 、要するに何がやりたいのかを一度整理してみます。

用途:

  1. 録画サーバーから持ってきたtsファイルをmp4エンコードし、その保管
  2. CD等をリッピングして取り込んだ音楽ファイル類の保管
  3. 普段の作業領域(自分が作成したPDFファイルとかエクセル等のドキュメント類)
  4. 色々なマシンに搭載しているboot driveとしてのSSDをバックアップ(OSがWindowsの場合はいわゆるCドライブのバックアップ領域)

…とこんな所でしょうか。といっても全くの新規ではないので、現状の利用用途(1.~3.)にバックアップ領域(4.)としても使いたい、って感じですね。

 

用途を洗い出したところで、どんなスペックがいいのか仕様を考えてみます。

仕様:

  1. HDDは故障する可能性があるので、DISKの冗長化が必要
  2. 大容量が必要。が、お財布の中身と相談
  3. 基本的に保管用途なので、低速で十分。予算優先

といった感じですね。もう少し噛み砕いてみます。

  1. RAIDの検討。ただし、予算的にミラーリングで十分
  2. 1bitあたりのコストパフォーマンスがいいもの(2.5"より3.5"の方が良さそう)
  3. 5400rpmで十分

こんな感じでしょうか。となると後は、機種選定と価格調査です。

 

機種選定

以前ほどHDD製品の選択肢は無くなってきましたね。

その昔は日立のDesktstar HGSTシリーズを好んで使っていたのですが、今回は3.5インチ/5400rpmってこともあり、Western Digitalあたりにしておこうかと。

 

※2020-06-17 追記

Western Digital社がWD REDの記録方式をこっそりSMR方式に変更したことが話題になっていますが、SMR方式自体に問題があるわけではなく「大量のRandom Write Access」が発生すると書き込みに問題が発生する可能性がある、といわれています。

今回のように「個人用/倉庫用途/ミラーリング」用途だとまずSMR方式に起因する問題は発生しないと思われますが、24時間Random Write Accessの負荷がかかりっぱなし等の用途や、RAID5以上のアレイを組むような用途には、CMR方式のものを選定した方が良いかもしれません。

ja.wikipedia.org

(参考リンク)

WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明 - GIGAZINE

NAS向けHDD「WD Red」の記録方式をこっそり変更した件についてWDが釈明 - GIGAZINE

WDがNAS向けシリーズ「WD Red」で起こした問題は「沈黙し続ける企業文化そのもの」が原因との指摘 - GIGAZINE

blog.westerndigital.com

WD 3.5inch Red Pro 2TB キャッシュ 64MB SATA6Gb/s 7200rpm WD2002FFSX

WD 3.5inch Red Pro 2TB キャッシュ 64MB SATA6Gb/s 7200rpm WD2002FFSX

  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: Personal Computers
 

 

 

価格調査

HDDの価格なんてある意味水物なので(すぐに値段が変動する)、まずは傾向を掴んでおこうかと。ということでてっとり早くAmazonで価格調査です。

 

Western Digital HDD WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD

容量 TBi換算 金額 1TBiあたりの金額
500GB 0.454747 ¥5,736 ¥12,614
1TB 0.909495 ¥5,089 ¥5,595
2TB 1.81899 ¥7,051 ¥3,876
3TB 2.72848 ¥8,061 ¥2,954
4TB 3.63798 ¥9,061 ¥2,491
6TB 5.45697 ¥11,091 ¥2,032

(※2020年6月14日現在 amazon調べ)

 

ということで、WD Blue/5400RPMは容量が大きいほど1ビットあたりの金額が安くなる傾向にあるようです。

今回はWD Blue 6TBになりそうですね。

 

 

 次回はこちら

tsh.hatenablog.jp