tshのblog

tshのblog

iPad mini 5 がやってきた

新しいiPad mini5と無印iPad(2020)を検討し「軽さの面でiPad mini5が良いのでは」、という記事を以前書きました。

tsh.hatenablog.jp

その時に検討していた「iPad min5」がついに手元にやって来ました!新しいおもちゃ 道具がやってきてワクワクしっぱなしです!

このワクワク感を皆様にお届けすべく 今までのiPad Air 2と比べてどう違うのか、実際に使ってみてレビューしてみようと思います。

開封の儀

それではiPad mini5を開封していきます。

f:id:t_sh:20201013113400p:plain
Appleから箱がやってきました

さぁ、謎の箱が届きました!iPadらしいことは想像がつきますが、、この角度だと大きさの感覚が分からないです。

f:id:t_sh:20201013113453p:plain
iPad mini

すこし角度をつけてみました。箱の側面に「iPad mini」との記載が。

f:id:t_sh:20201013113525p:plain
Apple製品らしい梱包です

箱を開けてみた所です。iPad mini5にはディスプレイ面に保護シールが貼ってあります。

サイズ比較

折角開封しましたので、まずは大きさを比較してみましょう。

ちなみに、カラーにはそれほどこだわりなかったのですが、何となくスペースグレイを選択してみました。

f:id:t_sh:20201013113626p:plain
左:Kindle OASIS(7インチ)、中:今回開封したiPad mini5(7.9インチ)、右:iPad Air 2(9.7インチ)

f:id:t_sh:20201013113650p:plain
iPad同士の比較
iPad同士を比べてみます。miniと言う割には9.7インチと比べると一回りほどだけ小さくなった感じです。

f:id:t_sh:20201013113804p:plain
Kindle OASISと比較
Kindle OASISと比較してみます。重ねるとよく分かりますが、Kindle OASISと比べると、今度は一回りほど大きい印象。

[asin:B07ZWCDYZG:detail]

ファーストインプレッション

Pros(良い点)

iPad Air 2(9.7インチ)との比較

軽い!サイズ感が最高!

開封時にはそれほど小ささを感じませんでしたが、使ってみた第一印象は「軽い!」に尽きます。

繰り返します!見た目の大きさよりも、圧倒的に「軽い!!」という印象。持ってみると明らかに軽さが違いますね。

これは嬉しい誤算でした。この重さなら、片手で無理なく持ち続けることができます。

念のため、公式重量を比較してみましょう。

公式重量 Cellularモデル

確かに2/3程度の重さなのですが、片手で扱うにしても「ヒョイっと使える」か「しっかり持たないといけない」のかで印象がかなり違います。

お試しとして、休日にリビングでゴロゴロしながら半日程度使ってみました。今までのiPadだと片手でずーっと持ち続けると疲れてくるのです。が、さすがにiPad mini!長時間使っていても手が疲れません。

(ちなみに「ソファーで寝転びながら本を読む」というのは、学生時代からの習性で、なんとなく何かをインプットする時は、こういったスタイルの方が向いている感じがしています。机に向かって「さぁ、やるぞ」ってのは、意外と長続きできなくて、得意ではありません。。今でもPCに向かうとすぐに眠くなってくるというオチが、、、。)

ソフトキーボードが使いやすいサイズ感

メリットは「片手でも簡単に持てる」ということだけでなく、もちろん両手で持ちながらでも使いやすいです。

従来のiPadを横向きに使っていると、重量の加減からガッチリ両手でホールドしないといけないことに加え、ソフトキーボードがキーボードの間隔が広すぎて入力しづらい、ところもありました。

これが、iPad miniだと横向きで両手で持ちながら入力するには丁度よいサイズで、とても使いやすいです。

これも嬉しい誤算ですね。

持ち運びしやすい大きさ

いわゆる「B6システム手帳サイズ」「単行本サイズ」「コミックマンガ本サイズ」で持ち運びするのに嬉しい大きさです。

9.7インチiPad Air 2はどちらかというとB5的なサイズ感でしたので「本」というより「ノート」を持ち運ぶ感覚なんですよね。普段から同サイズのノートを持ち運ばれている方ならともかく、個人的には「わざわざ持ち運んでいる」感がどうしても抜けきれませんでした。

が、iPad mini5だと「バイブルサイズのシステム手帳」の大きさですので、特に違和感なくバッグに放り込んでおけます。

持ち運ぶのが「B5ノート」から「システム手帳」に変わったと考えると、扱いやすさの差は歴然としていますね。

iPhoneとの比較

システム手帳サイズで持ち運び重視の使い方になってくると、比較対象にiPhoneも入ってくると思いますので、ここで検討してみます。

マルチタスクで2アプリ同時に使えるのが最大のメリット

以前の記事でも触れましたが、マルチタスク機能を使ったSplit View/Slide Over自体は、iPadOS 13あたりから使えますので、従来のiPad Air 2でも使うことができます。 tsh.hatenablog.jp

ただ、9.7インチのiPadだと持ち運ぶ用途が「モバイルPCの代わり」といった面が強かったのですが、iPad miniだと「システム手帳の代わり」といった役割が急浮上、となると、iPhone寄りのアプリも使えるようになってきて、iPadOSで複数アプリを同時に動かせるマルチタスク機能が、さらにメリットになってきます。

例えば、アプリを2分割することでPCの代わりに作業できることが増えたこととしては、

といった、今までのiPadでもできた、ややPC寄りの使い方に加えて、

  • 「カレンダー」を見ながら、「タスクアプリ」を開いて、スケジュール管理
  • 「カレンダー」を見ながら、「メール」でスケジュール調整

といった、主に今までiPhoneで行うことが多かった、スケジュール管理などの作業もこなせるようになっています。

これも嬉しい誤算。

[asin:B07ZWCDYZG:detail]

Cons(イマイチなところ)

ここまで良い点ばかり述べてきましたが、気になる点もいくつかありましたので、挙げておきます。

iPad Air 2(9.7インチ)と比較して、画面がやや小さい

これは「B5ノートが書きやすいのか」「B6サイズの手帳が良いのか」の程度差と言っても良いでしょう。もちろん広いほうが書きやすいのですが、「ちょっとした部屋間の移動」しかしないのか、「外にも持ち出して自由に使う」のかによって、選択は変わってくると思います。

iPhoneと比較すると、Apple Watchに対応していないのが残念

機能面での唯一のデメリットと言ってもいいでしょう。

残念ながら、iPadOSはApple Watchに対応しておらず、Apple Watchを使うためには iPhoneを用意しなくてはいけません。

ガラケー + iPad mini + Apple Watchの組み合わせでiPhoneすら持ち運ばない芸当も考えられましたが、少し残念ですね。

まとめ

「少し小さなiPad」程度だと考えていたのですが、実際に手にしてみるとこんなに使い勝手がいいiPadだとは思いませんでした。

基本的に「机の上に置いて」「ちょっとした部屋間の移動」に使うならともかく、「使うときは主に手で持つ」「持ち運んで色々な場所で使う」ような使い方でしたら間違いなくiPad mini5をお勧めします。軽さは正義!

このサイズなら、さらにペンシルを追加して「システム手帳のデジタル化」も本格的に考えてもいいかも、と想像が膨らみますね。

ABOUT -この記事を書いた人-

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/t_sh/20220110/20220110120633.jpg

tsh(id:t_sh)

IT技術屋、現在は投資や事業がメインのブロガー。応援コメントや感想を頂くと物凄く励みになります。最新記事を追いかけてもらえると嬉しいです。


コメントは原則として非公開とさせて頂きます。(頂いた内容について新たな記事にて一部言及することもございます。予めご了承ください。)

※入力確認画面は表示されず、すぐに送信されますのでご注意ください。



次回の記事:

tsh.hatenablog.jp

前回の記事:

tsh.hatenablog.jp