tshのblog

tshのblog

アレクサのタイマーで「休憩」してみる

前回に引き続きアレクサの記事です。

声で操作する便利さにすっかりハマってしまっています。

が、使い出すとやはり色々と細かいところが気になってきます。快適に過ごすために少しずつチューニングしていきましょう。

前回の記事はこちらです。

tsh.hatenablog.jp

アレクサのタイマーについて、読者の方からコメントを頂きました

前回、アレクサについての記事を書いたところ、読者の方から「起動するタイマーには各々名前を付けることができて、どのタイマーが鳴っているのかが分かりやすくて便利だよ(意訳)」とのコメントを頂きました。

前回のアレクサの記事はこちらです:

tsh.hatenablog.jp

おぉ、それは便利そう!

というわけで、早速試してみたいと思います。

  • (タイマーに名前「ポモドーロ」という名前を付けて呼び出す例)
    • 私:「アレクサ、ポモドーロタイマー25分」
    • アレクサ:「25分のタイマー、ポモドーロを開始します」
  • (タイマー終了時)
    • アレクサ:「ポモドーロタイマーが終了しました」

なるほど、これは分かりやすくていいですね。

複数のタイマーを同時進行させているときに、今までだと、どのタイマーが鳴ったのかが分かりにくかったのですが、これでそういった問題も解決です。

コメントありがとうございました。

タイマー「休憩」

前回も「ポモドーロ・テクニック」について少し触れさせていただきました。

ja.wikipedia.org

実際のPC作業開始時には、先ほどの例のように、 「アレクサ、ポモドーロタイマー25分」 でタイマーをセットし、タイマーが鳴るまで集中して作業します。

25分経ったら、作業途中でも切り上げて(←重要😊)、5分間休憩を開始します。

その時、 「アレクサ、休憩タイマー5分」 でタイマーを開始するのですが、ただ単にタイマーを起動するだけではなく、もう一工夫してみたくなってきました。

まず、1つ目の工夫。「休憩時間中には音楽を流したい」です。

作業中に音楽を流しても良いのですが、ここでは「休憩中に音楽を流す」ということで考えてみます。

流す曲は好きなものでいいのですが、ボーカルが入っている歌モノよりも、入っていないインストゥルメンタル的な曲の方が、より休憩ができそうな気がします。が、これは完全に個人の趣向ですね。

2つ目。「休憩が終わる30秒くらい前に、お知らせしてほしい」のです。

というのも、席についたまま目を瞑って休む時もありますが、トイレに行ったりとか、お茶を飲んだりとか、それ以外にも例えば、近くのソファー等で横になってるなど、休憩の間中ずっとPCの前に座っているとは限らないのです。

(横になった方が休んだ気がしますので、休憩時間はゴロゴロしがち😁)

となると、PCの前に戻ってくるのに時間が必要ですので、30秒前くらいにお知らせしてもらえたら、5分ちょうどで次の仕事にとりかかれます😁。

3つ目。「休憩時間中には深呼吸しておきたい」ということ。

そんなの、勝手に始めちゃえばいいのでは?との声も聞こえてきそうですので、状況を補足しておきます。

Apple Watchをお持ちの方はご存知だと思いますが、「呼吸」というアプリがあって、定期的に深呼吸するように促されます。

support.apple.com

が、基本的にPC作業中は「腕時計しない派」ですので、Apple Watchからの通知機能は、残念なことに実質的に使えていないのです。

休憩時間になったら自主的に深呼吸すればいいのですが、25分間の集中作業が終わった直後というのは、作業に集中すればするほど、「深呼吸をしなきゃいけない事」すら覚えていません。

ですので、休憩のタイミングでアレクサに「深呼吸をしましょう」と喋ってもらって、休憩をより効果的なものにして、次の作業時間も集中できるようにしておきたいのです。

まとめます。

  1. 休憩中には、静かな音楽を流したい
  2. 5分間の休憩時間だとすると、終了の30秒前には「あと30秒です」とお知らせ
  3. 「深呼吸」というキーワードを喋ってもらう

では、どうやってこれらを実現すればいいのか考えてみましょう。

「定型アクション」

アレクサには「定型アクション」という設定項目があって、一回の指示で複数の動作を設定できます。

これを使って、先ほどの「休憩」について設定するとざっと、こんな感じになります。

サンプル定型アクション「休憩」

f:id:t_sh:20210207165954p:plain

順番に説明していきます。

クリスマスを再生する

イメージとしては、トナカイがベルを鳴らして近づいてくる感じの音です。

いきなりアレクサが話し始めてもいいのですが、集中した後は意識していなくても頭が疲れていますので、気分の切り替えのためにも鳴らすようにしています。

いわゆる「ジングル」といわれるものです。

ja.wikipedia.org

「きゅうけいしましょう。深呼吸するのもいいですよ!」と言う

ここで「深呼吸」というキーワードを入れています。

毎回同じ言葉を喋りますので、文言は押し付けがましくないようにしています。

Pat Metheny』を4分30秒再生する

鳴らす曲はウクレレでも何でもいいのですが、静かな曲調が多いので最近気に入っています。

ja.wikipedia.org

Amazon Music(無料)は、このような簡単な指定でも、似たような音楽、かつ、毎回違った曲を流してくれますので、こういった用途で音楽を流すのにはとても都合がいいのです。

ベルを再生する

いわゆる「チーン」となるタイプのベル音です。

呼び出された感じがして、「作業しなきゃ」と頭が切り替わります。

25秒待機する

この間に着席したり、アプリを起動したりします。

教会を再生する

いわゆる「ゴーン」となるタイプの音です。「お寺の鐘」の音が無かったので、教会になっています。

除夜の鐘が鳴ると、「新年!」というような効果を期待しています。

この音は1回しか「ゴーン」と鳴らないので、連続して鳴らすために、複数回(ここでは5回分)設定しています。

「休憩」定型アクションの実行

ここで、問題が発生。

Amazon Echoであれば、この定型アクションを登録すればいいだけなのですが、Windows PC版アレクサでは、定型アクションを実行することができないのです。

仕方がないので、iPhoneのアレクサアプリに設定してみました。が、休憩しようとするたびに、

  1. 毎回スマホをロック解除して、
  2. アレクサアプリを立ち上げてから、
  3. 「アレクサ、休憩」と言わないといけない😪。

ハンズフリーで声だけで操作できるのがアレクサの便利さなのに、まさに本末転倒。何をやっていることやら。

というわけで、次回以降でどうやってハンズフリー化するかについて考えていきたいと思います。



前回までの記事:

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp