tshのblog

tshのblog

iPad mini 6 がやってきた

https://www.apple.com/newsroom/images/product/ipad/standard/Apple_iPad-mini_hero_09142021_big.jpg.large.jpg

皆様いかがお過ごしでしょうか。

多くのみなさんが首を長くして待たれていたiPad mini6、幾度となく登場がが噂されていたのですが、ついに登場です。

tsh.hatenablog.jp

今回は、ようやくiPad mini 6が手元に届きましたので、そのレポートです。


開封の儀

恒例の「開封の儀」を執り行っていきましょう。

f:id:t_sh:20211011143713p:plain

iPad mini 6 箱の外観です。開けてみましょう。

f:id:t_sh:20211011143736p:plain

箱を開けたところ。iPad mini 6本体が見えてきました。

f:id:t_sh:20211011143739p:plain

iPad mini 6本体と説明書を取り出した時の様子。

箱にはケーブル類が収納されています。

こうやって見ると、極めてシンプルに収納されています。

f:id:t_sh:20211011143743p:plain

全て箱から出してみました。

下段左側から:

  • 説明書等
  • iPad mini 6 本体
  • 電源プラグ
  • USB-Cケーブル

iPad mini 6は iPad mini 5 からどう変化したのか?

ここでは、皆さんが最も興味をお持ちの「iPad mini 6」と「iPad mini 5」の違いについて明らかにしていきます。

外観

f:id:t_sh:20211011143747p:plain

(左側:iPad mini 6 右側:iPad mini 5)

まずは外観です。 横幅についてはほとんど変わりないものの、写真でも明らかなように縦の長さが少し短くなっています。

f:id:t_sh:20211011143806p:plain

(左側:iPad mini 6 右側:iPad mini 5)

表裏をひっくり返してみました。

iPad mini 6ではホームボタンがない代わりに、画面の表示サイズが大きくなっています。

f:id:t_sh:20211011143809p:plain

(左側:iPad mini 6 右側:iPad mini 5)

持ってみた感じでは、iPad mini 6の方が幾分と分厚くなっている感じがしました。

が、比較画像では確かに微妙に厚くなっているものの、その時の感覚ほどには違わないようです。

f:id:t_sh:20211011143813p:plain

(左側:iPad mini 6 右側:iPad mini 5)

真横から比較してみました。

確かにiPad mini 6の方が微妙に分厚いのが見て取れます。

が、特筆すべきなのは、iPad mini 5の方が周囲がラウンドしていて、持ってみたときの感じが、数字の差以上に薄く感じられます。

f:id:t_sh:20211011143817p:plain

(上段: iPad mini 6 下段: iPad mini 5)

2台を重ねてみました。

並べたときの画像でも触れましたが、明らかにiPad mini 6が小さくなっていることが見て取れます

f:id:t_sh:20211011143821p:plain

(上段: iPad mini 6 下段: iPad mini 5)

重ねた状態で横から撮影してみました。

四つ角のラウンドは iPad mini 6の方が大きくなっています。

f:id:t_sh:20211011143824p:plain

(上段: iPad mini 6 下段: iPad mini 5)

端子部分を撮影。

iPad mini 6はUSB-C端子になっています。(iPad mini 5はLightning)

この撮影角度だとiPad mini6 の方が横幅も大きく見えますが、実際には「全く同じ」といっていい程度に差はありません。

f:id:t_sh:20211011143828p:plain

(上段: iPad mini 6 下段: iPad mini 5)

イヤホン端子があった場所は、音量ボタンに変更になっています。

また、一つ前の写真と比較して頂くとよく分かりますが、iPad mini 6はこちら側にもスピーカーがついているのが分かります。

下段のiPad mini 5の方が全体的に丸みを帯びているのも見て取れます。

f:id:t_sh:20211011143832p:plain

(上段: iPad mini 6 下段: iPad mini 5)

電源ボタンがあった場所は、Touch IDになっています。

あと、iPad mini 6は、カメラが出っ張っているので、こちらの面を下向きで置く際には注意が必要となりそうです。

重量

それほどサイズ感に違いがない3台について重さを計測してみました。

f:id:t_sh:20211011143836p:plainf:id:t_sh:20211011143839p:plainf:id:t_sh:20211011153520p:plain

(左:iPad mini 6 中:iPad mini 5 右:raytrektab 8インチ(RT08WT))

マシン 重さ(実測値) サイズ(mm) (備考)
iPad mini 6 297.0g 134.8 × 195.4 × 6.8 セルラーモデル
iPad mini 5 302.5g 134.8 × 203.2 × 6.1 セルラーモデル
raytrektab (RT08WT) 433.5g 124.5 × 210.0 × 9.6

iPad mini 6は、なんと200g台に突入!!

iPad mini 5で使っていたケースにiPad mini 6を入れてみる

当ブログでは過去に何度かご紹介していますが、iPad mini を収納しているケースとして、無印良品母子手帳ケースを使っています。

www.muji.com

実際にどのように使っているかは、こちらの記事で少し触れています。

tsh.hatenablog.jp

iPad mini 5で使っていたケースに、新型iPad mini 6を収納するとどうなるか?試してみました。

f:id:t_sh:20211011143843p:plain

iPad mini 6 を収納してみたところ)

f:id:t_sh:20211011143857p:plain

iPad mini 5を収納した様子)

以上のように、全く収納に問題ありません。

これで安心して持ち運ぶことができそうです。


※注意: raytrektab (RT08WT)はこのケースに微妙に入りませんので要注意です

その時の記事はこちら: tsh.hatenablog.jp

ペンシル

ipad mini 6は第2世代の Apple Pencilに対応しています。

参考までに、iPad mini 6 と iPad mini 5 の Apple Pencil 対応状況は以下の通りです。

Apple Pencil 第2世代 Apple Pencil 第1世代 ロジクール Crayon
iPad mini 6 ×
iPad mini 5 ×

ロジクールCrayonは、iPad mini 6 / iPad mini 5の両方に対応しているということなので、実際に使えるかどうか、試してみました。

youtu.be

(上段: iPad mini 6 下段:iPad mini 5)

実際に iPad mini 6でも使えるかどうかについて、手元のロジクール Crayonで試してみたところ、 問題無く使えるようです。

この動画のように、一本の Crayon で iPad mini 6と5 両方同時に使えるのはありがたいですね。

iPad mini を複数台同時に使うことによって、何か新たな使い方を発見できるかもしれません😁。)

ただ、CrayonはLightning端子ですので、外出先で充電しなきゃいけない場面があったりすると、同時にアダプター等も持ち運ばなくてはいけなくなりますので、要注意です。


以前の記事では、iPad mini 5に ロジクール Crayon を使ってみる記事を書きました。

tsh.hatenablog.jp

ファーストインプレッション

開封してまだ間もないのですが、その間に気づいた iPad mini 6の感想(主にiPad mini5からの比較も含めて)書き記しておきたいと思います。あくまでも「ちょっとだけ使ってみた感想」ですので、長期間使うと変わるかもしれません😁。その点はご了承ください。

Pros(良いところ)

サイズ感が最高

iPad miniの製品コンセプトの評価になりますが、やはりこのサイズ感は実際使う上で最高です。

しかも、iPad mini はより小型化、軽量化が図られているにも関わらず、表示面積が大きいので、技術の進化は素晴らしいと言わざるを得ません!

Touch IDが使いやすい

電源ボタンと兼ねた Touch IDですが、非常に使いやすいです。iPad mini 5の指紋認証も良かったのですが、こちらも素晴らしい!!

ホームボタンが無い

表示領域を稼ぐためにホームボタンを無くしたのは「結果として成功」したのでは、と思います。

最初はホームボタンが無いので、ホーム画面に戻れず、ものすごく焦った😨のですが、

「ホームボタン代わりに、画面下からスワイプ」

と教わってからは、すぐに使い勝手に慣れました。

操作に多少慣れた上で、もう一度よく考えてみると、

「他の操作は画面スワイプを中心とした操作なのに、『ホーム画面に戻る』だけは物理ボタン操作」

というのも、逆に何だか不思議な感じがしてきました。

スピーカー

iPad mini 6ではスピーカーがステレオなので、横持ちにするときちんと両側から音が出ます。

iPad mini 5ではホームボタンがある側からしか出なかったので、これは大きな進歩でしょう。

Cons(イマイチなところ)

実際の厚み増加分以上に分厚く感じる

外観のところでも触れましたが、この部分に関しては、圧倒的に iPad mini 5に軍配が上がります。

おそらく、「周囲が丸く処理されている」ところが、デザインだけでなく「触った感じ」にものすごく効いているのではないか?と推測しています。

できることなら、iPad mini 5のような周囲が丸い 『iPad mini 6.1』を出してほしい所です。

カメラが出っ張っている

こちらも外観のところで触れました。

カメラ部分が少し出っ張っているので、画面を上にして、そのまま机等の上に置いてしまうと、否が応でもその部分が接触してしまう事になります。

ペンシルを使って机の上で何らかの作業する際は、ものすごく気を使うかもしれません。

もしかすると、製品開発コンセプトが「iPad mini 6を使う人は全員カバーも使う」とか「iPad mini 6では机の上に置いてペンシルを使わない」なのかもしれませんが・・・・。

まとめ

今回は iPad mini 6についてご紹介させていただきました。

iPad miniには何となく興味があったんだけど、買うタイミングを逃してしまっていた」という方、まさに今が購入する最高のタイミング!!

iPad mini 5をお持ちの方:iPad mini 5から10万円近く出して買い換える必要があるのか?と言われると、少し微妙な感じもしますが😄・・・・。手元に Apple Pencilの第2世代があるような環境でしたら、iPad mini 6へ買い替えでもいいかな?という気がします。

iPad mini を1台もお持ちでない方は、間違いなく『マストバイ』といって良いでしょう。

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp

tsh.hatenablog.jp